ホーム > ヤブ原産業関西の仕事・ハイドロテクト

ヤブ原産業関西の仕事


光触媒ハイドロテクト--光が家を洗う!!




話題の技術「ハイドロテクト」とは



塗工前と塗工5ヶ月後の比較写真

ハイドロテクトの新しいテクノロジー
光触媒塗膜技術

インテグレイト構造TOTOのテクノロジーを結集した新たな光触媒塗膜技術「インテグレイト構造」。光触媒性能を高めるとともに、
優れた耐久性、抗菌、抗カビ効果を発揮する次世代型の光触媒テクノロジー。


★ 優れた抗菌、抗カビ性能
塗膜表面の光触媒活性を高めることにより、優れた抗菌、抗カビ効果を発揮

★ 極めて高い空気浄化力
光触媒と高機能セラミックスとの立体構造が高い有機物分解性能を発揮

★ 強固な結合による高い耐久性
同質成分同士の結合により上塗、中塗、下塗各層の接着力向上。


多くの公的機関から高い評価を得ています

平成18年度全国発明表彰『恩賜発明賞』を受賞
2006年5月。全国発明表彰は文部科学省・経済産業省・特許庁などの後援により日本の科学技術の向上と産業の振興に寄与することを目的とした表彰制度です。光触媒超親水性技術「ハイドロテクト」が受賞。
『愛・地球賞』を受賞
2005年6月。ハイドロテクトカラーコートが21世紀の社会にふさわしい地球環境技術100件に選定
第一回ものづくり日本大賞を受賞
2005年8月。我が国産業・文化を支えてきた「ものづくり」を承継・発展させる為に創設された内閣総理大臣表彰制度。TOTOの光触媒技術の取り組みが受賞。
日本建築学会 学術講演発表資料
(共同研究(株)大林組 技術研究所)
1.水性光触媒塗料の防汚性能に関する研究(2003.9月発表)<PDF;55.3KB>
2.水性光触媒塗料の耐久性能に関する研究(2004.8月発表)<PDF;79.0KB>


光触媒技術を応用したハイドロテクトは、建物の外壁に塗るだけで、自然の力でキレイになるセルフクリーニング効果を発揮します。
さらに、ハイドロテクトコートを塗った外壁は、空気中の汚染物質(NOx等)も分解するので、建物のまわりの空気まできれいにします。




【屋外では】
● 雨水で汚れが落ちる…セルフクリーニング効果
● 排気ガスで分解・浄化する…大気浄化効果

【家庭の中では】
● カビが生えるのを抑える…抗菌効果
● イヤな臭いを抑える…防臭効果 の性質をもった、地球環境にやさしいエコロジーな技術です。


■光触媒とは
植物が行なう「光合成」によく似ています。


「光合成」が葉緑素を触媒として水・二酸化炭素から酸素をつくりだすように、「ハイドロテクト」に使われている光触媒(酸化チタン)に光(紫外線)があたることで「分解力」と「親水性」を発生させます。これにより、「セルフクリーニング効果(防汚効果)」と「空気浄化効果」などが発揮されます。

■分解力とは
活性酸素が汚れを分解し、付着力を弱めます。

光触媒である酸化チタンに光(紫外線)があたると酸化チタン表面に分解力(酸化還元)をもつ活性酸素が発生し、さまざまな有機物を分解します。カビや細菌の繁殖や、汚れのこびりつきを抑制するとともに大気汚染の原因となる窒素酸化物(NOx)や硫黄酸化物(SOx)を分解し、空気をキレイにします。

■親水性とは
水がなじむことで、汚れを落としやすくします。


水をはじく「撥水性」に対し、水のなじみが良くなることを「親水性」と言います。
水が汚れの下に入り込み、浮き上がらせることによって、汚れが流れ落ちます。




ページの先頭へ

お問い合せ