■ 京都市内の外国語学校外壁タイルの改修が完了しました。

2009.10.30


外壁タイルの剥落・落下(搭屋部)により緊急調査をした所、多くのひび割れと浮きが見つかりました。
このままでは危険な為、全面修繕を行うことになりました。
工事は着手後約1カ月で完了いたしました。
外壁は全面タイル張りで足場組み立て後の打診調査により、広く浮きが点在していることが分かりました。
小さな範囲の浮きはエポキシ樹脂注入による補強で対処しましたが、大きく広い範囲の浮きに関しては斫り落として撤去しました。
撤去した部分に張り替えるタイルは建物がすでに30年以上経ている為、同じタイルが見つかりませんでした。
色が違いますが、サイズの同じタイルが有りましたの特殊塗料で既存タイルと同じ色に着色後、斫り落とした箇所に貼り付けタイルガードシステムで仕上げ保護しました。
これでタイル剥落の心配や漏水の恐れも無くなり、新築時に近い外観がよみがえりました。
外壁タイル張りの建築物を所有されておられるオーナーは法律でも決められておりますが、定期点検が義務付けられておりますので是非、当社にご相談・お問合わせください。







もどる