■ 工場のスレート屋根改修工事が完了いたしました。

2009. 5.29


築40年近い工場の屋根から漏水が多くなり仕事に支障が来たすようになって来たそうです。
今回の屋根工事はスレート屋根材を剥がすことなく既存フックボルトにサドルを取り付けガルバリウム鋼板でカバーする工法を取り入れました。
既存のスレートを傷付けず、工事中でも操業・営業が可能な「間接固定工法」で短期間で工事を終えることが出来ました。
断熱性が向上し空調にかかるコストが削減できます。

スレート屋根の改修は葺き替えせずに補強する、このような工法が増えてくると思われます。







もどる